上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
 隔週参加のフラッグの練習。

『あざっす』
KC3O0003.jpg


H.Cがお仕事でご不在、お疲れ様です。

で、gol.Cも お疲れ様でした。

『目新しい練習』ってわけではないのですが、

わたし的には、『gol.C色』が感じれて ちょこっと新鮮でした。

(具体的には表現はできません。感覚的ですが・・・・)



 「キャッチ」ってことについて。


自分=子供たちではないので、

あくまで、自分の話。


キャッチのかたち。

胸より下=おなかとか足の方って、手のひらをボールに向けて指先は下。左右の小指が隣同士。

胸とそれより上って、手のひらはボールに向けて指先は上、

ただし左右の人差し指と親指くっつけて。


昔々やっていたスポーツでは感じなかったのですが 最近感じる私自身の感覚なのですが、

(たぶん 若いころのように身体が無意識的に順応?しなくなったからと思いますが)

胸の位置って、

お腹でキャッチの方(前者)が確実に落球せずにとれるんじゃないかと思うパターンが多く、

で、そうすると、落球しています。もちろんとれることもあります。

(でも、とれた時ってそれが正しかったと思って 意外と状況を憶えていません。)

それと、胸位置で、左右の人差し指隣同士でも、落球でなくて

くっついている左右の人差し指と親指がボールに押し切られて離れてしまうこともありました。

その恐怖もあり、

いつしか、そこら辺に飛んでくるボールは小指が隣同士のお腹キャッチが落とす確率が低い 

はずだ、感覚になっています。

しかし、ボールの球速、球筋や態勢で一概には言えないけど、

わたし的には「その感覚は間違ってる」と思っています。

でも、実は先日の練習でもやってしまいました。

本当は、足のばねというか、身体全体のクッションでキャッチ位置を微妙に調整する、

足(背)は伸びないので、人差し指同士が基本になると思ってます。




身体より左右どちらかにはずれて飛んできたとき、

左右の小指が隣同士でキャッチしにいく子供が少々いてました。

普通にキャッチボールしているとそんな取り方はしないでしょう。

身体(中心軸)から外れると 高さに関係なく、人差し指が隣同士です。

(足元は微妙だけど・・・。)

走ってキャッチ、とっさの動きに癖が出ているのかな?

その癖って どっから?


胸にあてながら抑え込むようなキャッチ。ありと思う。

でも、球速や態勢、小さな胸だけどその位置によっては微妙。

下向きなのか上向きなのか?気持ち次第で、実は腕の動きがちがう?


腕を伸ばしてバレーのブロック見たいな態勢のキャッチ。飛んでくるボールに向かうのだから、

ボール怖いもんね。あれは私もわかるし、やってまう。怖いもん、目ーつぶる。

それを克服しようと、その瞬間にまなこを大きく開いてくる子供もいました。すごい!



------------------------------------------
勝手な能書き、

この話題、結末はないのですが・・・。


丸い球体でのキャッチしか知らない私なので、

このスポーツの本当のところは、勉強不足でわかりません。

間違ったこと書いて、誤解を招くようなら、ご指摘してください。


とりあえず、

ボールへの執着心が成功率の差かな?



-------------------------------





スポンサーサイト
2010.04.18 Sun l フラッグフットボール l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://norinorinori3.blog10.fc2.com/tb.php/209-7f7e7dbb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。